トリスターナ


アシュタンガヨガをやる時にとても大切な事に「トリスターナ」というのがあります。



##トリスターナ(tri-staana)##

triは3を表して、staanaは拠点や場所を表す言葉だそうです。

アシュタンガヨガでは3つの大事な事を表しています。

 1) 呼吸(プラーナヤーマ)

 2) 視点(ドリスティ)

 3) アーサナ(ポーズの事・バンダ)

この3つの事を大切にしながらヨガをすすめていきます。


### 1) 呼吸(プラーナヤーマ)###

 アシュタンガヨガの呼吸法は「ウジャイ呼吸(勝利の呼吸)」と言われる胸式呼吸が基本となります。ヨガというと腹式呼吸というイメージが強いかと思いますが、アシュタンガヨガは動きも多いので腹式呼吸でしていると動きにくかったりします。

 ウジャイ呼吸の特徴としては喉の奥の方でこすれるような摩擦音を出しながら呼吸を繰り返していきます。ヨガの最中はこの呼吸の音に耳を傾けながら取り組むことで、自分の意識をより内側に向けることができ集中力を高めることができます。

 また、とても力強い呼吸法でもあり、呼吸によって体の内側から温めて発汗を促します。


### 2) 視点(ドリスティ)###

 アーサナの1つ1つ、細かく視点が決められています。鼻先、指先、おへそなど9つほどあります(詳しくは別途)。この決められた1点に視点を定めることによりアーサナの助けとなり、集中力を高める助けとなります。

 視点が泳いでる人って意識や注意が散漫している証拠で、エネルギーがいろんな方向に行っているんです。それを1点に集中させる練習にもなります。


### 3) アーサナ(バンダ)###

 言わずと知れたポーズのこと。場合によってはバンダと言われることもありますが、ポーズをしっかりとキープすることによりバンダも深まっていきます。



このトリスターナを意識して練習を行っていくことでより深く集中することができ、ヨガを深めていく助けになります。

また別のページでも述べますが、ヨガの8支則に当てはめるとアーサナ(ポーズ)は第3段階。呼吸(プラーナヤーマ)は第4段階。そして、それらを行う中で第5段階のプラティヤハーラ(感覚のコントロール)、第6段階以降のダラーナ(集中)に当てはまるのではないかと私は考えています。


なので、アシュタンガヨガはアーサナの練習を中心に行っているようですが、トリスターナをしっかりと行うことでアーサナ以外のことの練習にもなっているのです。

難しいですが、是非トリスターナを意識して練習してみてくださいね。


 

アシュタンガヨガ宮崎

アシュタンガヨガのレッスンを行っています。 呼吸と動きを同調させ、体をしっかりと動かし、心を沈めていきます。 アシュタンガヨガの考えを大切に、宮崎のアシュタンガ をやる人たちの練習の場をできる限り提供していきます。

高松 伸裕

「整体院ゆじゅ」代表 高松 伸裕です。

住所は宮崎市中村東3丁目で市内から田吉方面に向かう途中で、宮交シティから徒歩2分のところにあります。

お店では整体とヨガを提供させて頂いています。

整体では骨盤矯正と首の調整を中心に全体のバランスを整えていきます。骨盤矯正というと痛い整体を思い浮かべる人が多いようですが、ゆじゅの整体は全くそんなことはないんです。ふわふわトントンとゆるい感じですが、不思議と骨盤が整っていきます。一度体験してみてくださいね。

骨盤が整うと・・・
 ・家事をしていても腰が気になら

0コメント

  • 1000 / 1000