ヴィンヤサって何??

ヴィンヤサというのは「呼吸と動きを合わせる」ことを言います。

また、このヴィンヤサはポーズとポーズを途切れないように繋いでいくことに用います。

 一般的にハタヨガと言われているゆったりしたヨガは1つ1つのポーズを大切にしていきますが、それぞれは独立していることが多いのですが、アシュタンガヨガやヴィンヤサヨガというパワー系(動きの多い)のヨガではヴィンヤサでポーズを繋いで途切れることなく進めていきます。


アシュタンガヨガではこのヴィンヤサを以下のような目的で使っています。

 ・集中力が途切れないようにする

 ・絶え間なく繋ぐことで体に熱をもたらし、冷えないようにする

 ・力強さを養うために行う


代表的なヴィンヤサはジャンプバック、ジャンプスルーというのがありますが、呼吸、バンダ、筋力などが必要で、初心者にはちょっと難しいテクニックになっています。でも、繰り返しやっていくことで徐々にできるようになっていきます。


ちなみに、ヴィンヤサヨガというのはアシュタンガとはちょっと違いますが、絶え間なくポーズをつないでいく動きの多いヨガです。一般的にパワーヨガと言われるものの大半はヴィンヤサヨガに含まれますね。


※いろんな専門用語が出てきますね。

 ハタヨガ:動きのあるヨガ全般のことを指します。でも日本ではゆったりしたヨガのことを指すことが多くなってますね。広い意味ではアシュタンガもハタヨガになります。


 バンダ:「締める」という意味があります。アシュタンガでは特にウディアナバンダのことを指すことが多く、下腹部の奥の方を使うテクニックになります。ただ筋肉で締め付けるだけではなく、呼吸やエネルギー的なものも含まれているのではないかと私は思ってます。とても重要なテクニックの一つ。


 ジャンプスルー:ダウンドック(下を向いた犬のポーズ)から手の間をくぐって座っていく動き。体が硬い人や力の弱い人には難しい動きで、アシュタンガヨガをやってる人なら一度は憧れる動きです(笑


 ジャンプバック:ジャンプスルーとは逆に、座った動きから手と手の間から足を後ろに伸ばして腕立ての格好(チャトランガ)になる動作を言います。これも難しく、力も必要になるため特に女性は男性の3倍以上難しいとも言われます。


アシュタンガヨガ宮崎

アシュタンガヨガのレッスンを行っています。 呼吸と動きを同調させ、体をしっかりと動かし、心を沈めていきます。 アシュタンガヨガの考えを大切に、宮崎のアシュタンガ をやる人たちの練習の場をできる限り提供していきます。

高松 伸裕

「整体院ゆじゅ」代表 高松 伸裕です。

住所は宮崎市中村東3丁目で市内から田吉方面に向かう途中で、宮交シティから徒歩2分のところにあります。

お店では整体とヨガを提供させて頂いています。

整体では骨盤矯正と首の調整を中心に全体のバランスを整えていきます。骨盤矯正というと痛い整体を思い浮かべる人が多いようですが、ゆじゅの整体は全くそんなことはないんです。ふわふわトントンとゆるい感じですが、不思議と骨盤が整っていきます。一度体験してみてくださいね。

骨盤が整うと・・・
 ・家事をしていても腰が気になら

0コメント

  • 1000 / 1000