ヨガの目的って何だろう?

ヨガって体を柔らかくしたりバランス力を高めたりいろんな効果があります。だから、日本ではフィットネスとして広く受け入れられている面があります。


イメージ的にも「ヨガ=体が柔らかい人がやるもの」というのが一般的になってしまっています。


このフィットネスとしてのイメージが強いためにヨガとピラティスを混同しがちで、区別がつきにくくなっています。


では、どう違うのか??


ピラティスとは?

 正確ではないかもしれませんが、簡単に言うとピラティスは第一次世界大戦中、負傷者のリハビリのためにピラティスさんが考案したメソッド(方法)で、全身調整を行っていくフィジカル(肉体)的なものです。


じゃあ、ヨガは??

 ヨガ・スートラという経典があってその1章2部に以下のように記されています。

チッタ ブリッティ ニローダハ


  • チッタ:心
  • ブリッティ:活動、動き
  • ニローダハ:死滅する、止める


つまり「ヨガは心の動きを止める」こと。


ん??

ってなりますよね(笑


いろんな捉え方があると思うのですが、周囲からの影響を最小限にして感情の起伏をなくしていく。常ににこやかに生活できるようにするものかと私は思ってます。


周りの人に何か言われた、された時にキーッ!と怒ったり悲しんだり。欲しいものが手に入らなくてくそー!手に入れてやるー!って執着することを減らしていくと楽しい時間が増えますよね。簡単に言いすぎかもしれませんが、それがヨガの目的だと思いますw


「こうでないといけない」とか「物事に執着する」といろんな感情が蠢くので、それを手放してやる。なんていうことも言われますよね。


こんな感じでピラティスとヨガは違います。そしてヨガにもいろんな方法論があります。


アシュタンガ(ヴィンヤサ)ヨガは日々アーサナの練習を繰り返すことでその状態になろうという一つの方法論です。


周りの環境に支配されないで穏やかに幸せになろうではありませんか(笑


追伸


 そういう観点からいうと私なんてまだまだ影響受けまくりですw

 それでも以前に比べれば穏やかになった気はします。徐々に徐々に心も体も変化していけばいいなと思ってヨガを楽しんでいるところです♪


 「柔らかくなくてはならない」「ポーズがとれないといけない」なんていうことはないんですよ。「あのポーズをとれるようになる!」という目標はいいと思いますが、それが目的になっては本末転倒です。



アシュタンガヨガ宮崎

アシュタンガヨガのレッスンを行っています。 呼吸と動きを同調させ、体をしっかりと動かし、心を沈めていきます。 アシュタンガヨガの考えを大切に、宮崎のアシュタンガ をやる人たちの練習の場をできる限り提供していきます。

高松 伸裕

「整体院ゆじゅ」代表 高松 伸裕です。

住所は宮崎市中村東3丁目で市内から田吉方面に向かう途中で、宮交シティから徒歩2分のところにあります。

お店では整体とヨガを提供させて頂いています。

整体では骨盤矯正と首の調整を中心に全体のバランスを整えていきます。骨盤矯正というと痛い整体を思い浮かべる人が多いようですが、ゆじゅの整体は全くそんなことはないんです。ふわふわトントンとゆるい感じですが、不思議と骨盤が整っていきます。一度体験してみてくださいね。

骨盤が整うと・・・
 ・家事をしていても腰が気になら

0コメント

  • 1000 / 1000